現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『五等分の花嫁』 第111話 最後の祭りが五月の場合③ 感想 : 五月の選択とその未来が明らかに

おお。

話の流れ的に全く解決していなかったので「つづく」ことは最初から想定内だったわけですが,実際に「③」が来てみるとドスンと重たい何かを感じますね。

 

これは五月だけの特別なのか。あるいは未開示の情報を抱える面々がいることからもファイナルプレゼンテーションの機会が「③」として与えられていくのか。メタ的に言えば風太郎の選択を予測させないためにも,ここから順繰りに「③」が描かれていく可能性はあるかも。

 

それはさておき,まずは五月の物語から。実父・無堂との決着編になります。

 

 

最新コミックス 

五等分の花嫁(12) (講談社コミックス)

五等分の花嫁(12) (講談社コミックス)

 

 

 

 

 

 

 

なぜ無動は五月に「教師」になってほしくなかったのか

さて前回下げるだけ下げまくった無堂先生の株。

 

実際のところ五月はどう受け止めたのかと言えば,その言葉に諾するのではなく自分の気持ちをストレートにぶつけることを選択したわけです。ですがそこで上杉風太郎の手は借りない。それは当然ですよね。

 

 

これは純然たる五月の問題であり,親子という関係を含めても「中野家」の問題である。上杉風太郎の出る幕はない。無堂という「実父」に対し,子どもたちがどう考えるのか。そんな子どもたちの「養父」である中野マルオはどう考えるのか。

 

この問題は五月の夢や未来を選ぶだけでなく,「家族」の形を決定づけるセンシティブな問題である。家族問題に家庭教師が口をはさむのは僭越...といういつかのマルオの言葉どおりの展開である。

 

 

さてその無堂ですが,ぶっちゃけ終始「何がしたかったのか」訳が分からなかったですね。つまりその言動の真意みたいなものが見えてこないんですよ。

 

「学校の先生でなければなんでもいい」という否定の言葉。

「血のつながり」を強調し,「親の責任を負う」ことに拘るその理由。

 

そこには五月に対する思いやりがあるわけでもない。娘がどのような道に進むべきかという親としての真摯な相談相手の姿ではない。そこにあるのは「母・零奈と同じ道をたどってほしくない」という無堂の勝手な思いだけである。

 

傲慢にも「本当の父親のあり方を教えよう」などというそのセリフからは,自らの行いに対する反省のかけらすらない。極めつけは,血のつながりを強調しながらも「子どもを間違える」といったその愛情の無さですよ。

 

 

 

ただ五月のヘアピンをつけただけ,髪型も整えていない三玖と五月を取り違える。

 

「愛があれば見分けられる」

 

その母の言葉を完全に否定する。それが五つ子たちにどんな風に響くのか,一顧だにしない。「見分け」もできない人間に,相手と真摯に向かい合うことなどできるものか。一人一人に真摯に向かい合い,時に父として支え,時に父としての慈しみを与えることができるものか。

 

一読者としても,無堂の傲慢さ,身勝手さにはほとほと腹が立ってきます。そんな無堂の身勝手な物言いの理由を五月とマルオの会話を経てやっと分かります。

 

無堂が「零奈への謝罪の言葉が無かった」ように,無堂は謝罪の気持ちなどまるでなかった。彼は悔恨していたのではなく,贖罪されたかっただけ。かつて妻とした零奈を捨てた自分。五つ子を見捨てた自分。そんな自分を「許してほしかった」だけ

 

だから零奈と同じ教師になることだけは辞めさせたかった。だから五月だけに拘って,零奈に対しても他の娘たちに対してもなんら謝罪の言葉もなかった。心の底から軽蔑に値する卑怯者がそこに在る。

 

そして五月は自ら選択を行う

 

自分の事だけを考え,五月のことも家族のことも慮らない。かつて連れ添った妻を,かつて見捨てた妻の価値観を「全否定」しながら,自分の保身に走る姿はただただ醜い。

そんな無堂に痛快に言い放つ五月の言葉。それに追い打ちをかけるマルオの言葉。

 

 

前回感想で「零奈は五つ子とともにあったことを後悔なんてしていない」と述べましたけれど,まさしく同じことが五月とマルオから語られましたね。

 

ここなー。本当に良いな。

二乃のパンケーキの件で零奈の死と向かい合う覚悟を決め,その子どもたちと名実ともに親子になり向かい合うことを決めたマルオ。そんなマルオが「自分にはまだないかを言える資格がない」と謙虚に認めた上で五月の選択を肯定し,母の気持ちを肯定する。

 

その寄り添いこそが「本当の父親の姿」であろう。

だからこそ二乃はマルオを「お父さん」と呼び,決着がついた後に五月もマルオを「お父さん」と呼ぶ。

 

そして「父ではない」無堂という男に対して五月が言い放つその言葉には,二つの選択が込められている。

 

 

私はあなたを許さない 罪滅ぼしの駒にはなりません

あなたがお母さんから解放される日は来ないでしょう

 

一つは自分の人生として母と同じ「教師になる」ということ。

もう一つは自分の家族は「姉妹達とマルオ」であるということ。

 

この困難を乗り越えて,五月は自らの夢と未来を選択した。実に清々しい決着となったのが救いでしたね。

 

そして五月と風太郎の関係は...

最初に五月が宣言した通り,この件に「家庭教師」上杉風太郎は一切関与しませんでした。むろん友人でもあり家庭教師でもある風太郎が無関心なはずもなく,見守っていたわけですが。

 

そんな風太郎に対する中野五月の気持ちはどういう性質のものなのか。それが問題なのである。問題解決をして五月が風太郎にかけるその言葉とは...すなわち「感謝」の気持ち

 

寂しさを埋めるために始めた「母」の成り代わり。いつしか曖昧となった境界線は,「母の後悔」と「自らの夢」をがんじがらめにして身動きできなくなる。そんな中,母を忘れる必要もないし,自分の選択に従えばよいと導いてくれた上杉風太郎に対して五月はとっても「感謝」しているわけだ。

 

それは次のセリフからも分かります。

 

「君だって私の理想なんだよ」

 

というセリフから,中野五月にとって風太郎=教師であることがはっきりと明示されましたね。前回もかなり「教師と教え子」の関係性を強調してましたけれど,これだけみるとやはり五月はまだ風太郎に対して恋心を抱いていない

 

この学園祭の一連の出来事が,それぞれの「課題」と「解決」に繋がっているとみなすのであれば,五月にとってあくまで風太郎は「先生」という結論で終わっているということなのかしら。まあそれが母・零奈のような恋に繋がらなくとも限らないけれど。

 

しかしまあ,それは五月側の事情である。風太郎の方はどうかと言えば...

 


キスされるのかと思って身構えていた!

 

ヘイヘイヘーイ!

思わず木兎光太郎が入っちゃいましたよ。んーまあ,あれだけさんざんキスされまくればなぁ。そりゃ自意識過剰くんにもなるってもんだわさ。ここまで一花,二乃,三玖,四葉とキッスされているんですもの。

 

「まさかこいつも...?」と身構えてしまうのは詮無いというもの。

 

だら。

だらだら。

 

何事もなかったように天気の話をする五月からは,やはり先生に対する感謝の念はあっても恋は感じない。対する風太郎は思わず身構えてしまった自分に対して自己嫌悪の念を強くする。笑え...笑えよ...。思わず矢車の兄貴と化しそうな風太郎である。

 

しかしこれではっきりした「二人の関係性」。友人でもあり,教師と教え子でもある。そんなことが確認できた111話でした。まる。

 

追記 11/20 10:55

「五月はもう無意識に恋をしているのでは」というコメントをいただきました。ありがとうございます。

 

少し表現がよろしくなかったかもしれません。これまでの姉妹達は「恋心(あるいはその意志)を伝える」(キス)という行動に至っていたのに,五月はそのように動かなかった。今回の本人の弁では「感謝」の念を抱いたにとどまっている。

 

これは風太郎が京都の子に対して「感謝」はすれど「恋」ではないという状態と重なったので,「恋は感じない」という風にまとめました。

 

ただし感謝の念が恋に変わっていくことは良くあることです。ご指摘の通り「恋心を抱いた瞬間」と「恋心を認識した瞬間」にずれがある可能性は高いと思います。

その意味では五月が無意識に恋に落ちている可能性はありだと思います。(最近だとぼく勉の古橋文乃がそうでしたね)

 

 

 

余談

 

まあ先に述べたように,五月が零奈とは異なる人生(失敗しない人生)を描く象徴なら,ここから五月の恋が始まる可能性も無きにしもあらずですけれどね(予防線)。

 

さて,四葉編②で四葉を零奈と勘違いした時に「またお前か」と言っていましたが,やっと整合性が付いた気がします。

 

関連記事

ayumie.hatenablog.com

 

 

五月が元の口調に戻したとき,6年前に五つ子がみんな同じだったころの口調(=零奈の口調)になっていたわけですが,そこで風太郎は「零奈=五月」と確信したんじゃなかろうか。もともと風太郎は「零奈=五月」と推測はしていただろうけれど。

 

ただそうすると,風太郎視点であの四葉とのキスの白昼夢は,五月とのやりとりだったと誤認されている可能性があるのですが,それにしちゃ風太郎と五月の会話に色気もへったくれもない。

そうなると①四葉のキスは風太郎は正しく四葉と認識している,②四葉のキスは零奈(五月)とキスする白昼夢で処理されていてなかったことにしているのどっちなんででしょうね。

 

(追記)11/20 5:00

五月の時系列がはっきりしなかったのですが,コメントいただいたとおりこの階段での出来事は「暗くなってきた」という会話から三玖,四葉の後ということが分かります。

 

無堂とのやりとりは,日照描写から比較的早い時間に処理されているように感じたのですが(扱うべき内容の深さから言って),事が終わった後の会話の流れから判断するとそんなに時間が経っていないのかもしれませんね。

 

ただ三玖・四葉が実父の問題そっちのけで模擬店のことや自身の恋のことのかまけるというのは少し「?」なので,無堂との対決自体は午前中の早い時間に行い→解決後に三玖,四葉のキス→最後に五月との会話という流れなのかなと想定しています。

 

(再追記)

あ,でも考えてみたら無堂との対決時に一花いますね。夕方の風太郎の選択を聞く直前だからいたのか,一花が3日目はオフだったから一日いたのかによって意味が大きく変わってきそう。

 

自己解決→「一花の場合②」の四葉を見舞いに来るシーンで3日目はオフという発言がありました。なので一花が午前中からいてもおかしくないです。

 

 

もしその仮定が正しいとするならば,風太郎視点で自分に好意があるのは「一花,二乃,三玖,(五月)」ということになる。風太郎視点で四葉だけキスをしていない事になっているのか,あるいは事実通り五月だけキスしていないことになっているのか。

 

どっちなんでしょうね。

このことも風太郎の選択に影響してしまうのか。気になります。

 

 

さて,これで五つ子の夢は

 

一花=女優

二乃=お店を出す

三玖=料理

四葉

五月=教師

 

となったんですけれど,四葉の夢は何なんだろうなあ。年ごろの女の子の夢なんて僕こどもだからよく分からないや。幼稚園児なら「お嫁さん」なんでしょうけれどね。

 

風太郎の選択がどうなるのか。あるいはそこに至るまでのファイナルプレゼンテーション(それぞれに③)がもう一度あるのか。気になるところである。再度まる。

 

現実逃避のご案内

Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。(もっと簡単なのはブックマーク登録。これを機会によろしくお願いします)
はてなブックマーク→このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

   

 

最新コミックスなど

五等分の花嫁(12) (講談社コミックス)

五等分の花嫁(12) (講談社コミックス)

 
五等分の花嫁(11) (講談社コミックス)

五等分の花嫁(11) (講談社コミックス)

 

 

 

 

Googleさんに一言(再掲)

 

ここに書いても仕方がないことですが...。せっかく感想書くんだから,Googleさんは検索結果からぼくの記事を消さないで欲しい。

 

ぼくの記事が他のサイトの内容に「似たようなサイト」になることなんて有り得ないから。ジャンプでもなんでもそうですけれど,公式に漫画が配信された直後に感想上げている以上,ぼくの感想記事は100%オリジナル記事です。当然発表タイミング的に「ファースト(第一発表者)」となる。

 

「現実逃避」に似ている感想サイトがあるとしたらそっちが紛い物なんで,どうしても消したいならそっちを検索結果から消して欲しい。感想書きとしてのお願いです(真顔)。 

 


 

*感想記事の無断複製,及び内容を再構成して自身の感想であるように利用すること(改ざん・剽窃)を禁じます。 2019.11.20. 0時通告