現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『五等分の花嫁』 第121話 五分の一の確率 感想 : 愛があれば見分けられる...!

さてと「ごと嫁」121話の感想です。

 

というわけで五等分の花嫁も次回が最終回。本当に終わっちゃうのか...と寂しくなりますね。そんなラス1前のセンターカラーは卒業写真。ふむ。

 

f:id:ayumie:20200212002646p:plain

それぞれの「卒業」

 

「五等分の花嫁」における風太郎と五姉妹との関わりの一つは勉強であり,彼女らの卒業を請け負った風太郎にとって一つの区切りのはずである。しかしそこは卒業写真一つを扉絵に描くことによって「区切り」とするわけだ。なるほど。

 

タイトルにあるとおり,本作は風太郎と花嫁の結婚を最終ゴールとし,その結婚式から振り返る形で物語は描かれてきた。その意味では高校卒業はプロセスの一部分に過ぎないってことですかね。

ここまで教師として五姉妹との関わりが風太郎と四葉の恋と並行して描かれてきたわけですけれど,名実ともに教師としての風太郎の関わりが終わる。そんな区切りが見て取れます。

 

そして風太郎の頬に滴る汗と,風太郎に厳しい目を向けるマルオの姿が新しい関係を描き出している。四葉と風太郎はお付き合いが始まっているわけですけれど,マルオ的には「それは無いように」釘を差しておいたわけですからね。そんな風太郎をまだ認めていないマルオと風太郎の関係に,将来の婿姑の距離感を感じなくもないですね。

 

というわけで,本日は佳き日,結婚式となります。

 

 

最新コミックス 

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者:春場ねぎ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: Kindle版
 
 

五等分の花嫁 キャラクターブック 四葉 (KCデラックス)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/02/17
  • メディア: コミック
 

 

 

 

 

 

 

 

五つ子たちの「現在五年後」とその気持ち

というわけでいきなり五年後。大学進学して,就職して1年目ってところですよね。そこで結婚とはなかなか豪気である。若さってすごい

 

それぞれが描いていた夢は一花が女優,二乃と三玖は料理店,五月は教師。そして四葉は花嫁ですが,それが無事達せられている。五人がそれぞれの人生に向かい合って,自らの夢を実現していることが描かれていますね。

 

そんな二乃と三玖のレストランは旧・上杉母の店だった。なるほど...。

 

f:id:ayumie:20200212002714p:plain

ごっつぅええ感じ

 

それにしても,この二乃めっちゃいい感じですね...。こういう雰囲気の感じ,好きだわ僕。と感じたのも束の間,いつもの二乃トーク。変わって無くていいですよね。5年経っても本質は変わらない五姉妹。それぞれの延長線上にそのまま成長しているのがなんともいい感じです。

 

そんなお店ですが,まだ程々の客の入りのよう。料理外のところで勝負するなら,こんな美人姉妹二人が経営するレストランは満員御礼のような気もします。

が,そこは料理の本質で勝負しなければ彼女らの「夢」の取り組みへの真の評価にならないですからね。一花人気に頼らないところも当然であるし,さては三玖らしいといったところか。

 

そんな結婚式当日の二乃たちの店「なかの」にご姉妹が集まった理由は「結婚祝い」をあげるため。なるほど,ここで花嫁のピアスの件が触れられるわけか。四葉,ピアスしていなかったのにどこでピアスを開けるのかと思ったらまさかの当日である。

 

そんな姉妹たちのプレゼントに込められた感情は,多分に祝福と残された想い。開けたのは二乃かもしれないけれど,直前の「これはいよいよ認めざるを得ない」といったセリフからしても,まだ姉妹たちは自分たちの5年前の思いを抱き続けてきたんだな...てのがわかります。

 

f:id:ayumie:20200212002738p:plain

それぞれの想いを込めて

 

かつて四葉が姉妹たちに落とし前をつける際に,「いつか認めてもらえればいい」と言っていましたけれど,それは本当に直前も直前,結婚式の当日だったというわけなのね...。なんてこった。それだけ彼女らの気持ちもまた本物だったということですかね。

 

新婦の父と新郎の「現在五年後」とその気持ち

さて一方の上杉風太郎です。

こうやって結婚式当日の風太郎の表情が描かれるのはコミック表紙を除けば最初ですかね。あんまり変わっていないな...と思いますが,それはあくまで外面上の話。

 

新婦の父・マルオと相対すれば,そこにいるのは父親に恐縮する花婿の姿であった。

こうして風太郎が義父に対して敬意を払いつつ,しっかりと話ができるようになっているのをみると,ああもう高校生の上杉風太郎じゃないのだな,というのがわかります。

 

新郎と花嫁の父の関係は難しい。

育ててきた娘が新郎と新しい家庭を築く。祝い事であると同時に,父にとっては喪失感を伴う出来事でもある。祝福をしつつも娘の先々に対する不安と,寂しさと,色んな気持ちを抱くのはマルオでなくても当然である。

 

さりとてそこは「区切り」ですから,結婚式に出ないというのは余程のことがなければあり得ない。でもマルオは結婚式に出なかったんだね。いまさら四葉に対する距離感を図っているはずもないので,自分が父親として式に向かうことに対する迷いではなく,この結婚を「祝福すべきかどうか」思案していたのであろう。

 

f:id:ayumie:20200212002809p:plain

娘の父と息子

 

だからマルオは風太郎に「四葉が心から喜んでいるか」を尋ねた。娘がこの結婚を幸せに思い,喜びを伴っているのであれば...それは父として祝うのが当然である。

 

マルオは,力強く答える上杉風太郎の目に真実を感じ取ったのでしょうね。だから祝いの席でしか飲まないお酒を手にとった。そして「一人の女声を一生かけて愛するそんな男になりたい」「二人の父のように」という風太郎の言葉を聞いて,それが本心であると悟った。

 

その言葉を聞いてワインに口づける中野マルオ。

マルオの四葉と風太郎に対する祝福であり,二人の結婚を認めた瞬間だったのでしょうね。

 

結婚式の「謎」 と試されし「愛」

これまで何度か結婚式のシーンは描かれたわけですけれど,そこには「通常とは違う出来事」があったことが繰り返し示唆されていました。

 

花嫁の父は結婚式にいない。指輪交換は後回しにして誓いのキスをする。たくさん用意されたウェディングドレスの描写...。こういった結婚式の「謎めいた部分」がここで一気に明かされる。

 

マルオが来ないことはある程度折込済だった風太郎でも,一花・二乃・三玖・五月が四季に参加しなかったことには流石に違和感を感じていたようです。まさかまだ風太郎への想いの残滓があるはずもなく...と風太郎は思っていたのでしょうが,まさかの式欠席に残念がるのは当然至極であろう。

 

しかし式会場には姉妹は来ている。でも結婚式には出ていない。たくさんのウエディングドレス...(あっ...!)

 

f:id:ayumie:20200212002836p:plain

五つ子当てゲーム,ファイナル

 

やはりやるんだ。結婚式当日の「五つ子当てゲーム」

 

 

愛があれば見分けられる。祖父から連綿と続くその理論。かつて上杉風太郎は一番最初に四葉を見分け,四葉に対する愛情を育んできたのであった。その結実が本日の佳き日,結婚式である。

 

 

ここで間違えるわけにはいかない!

結婚式を済ませた新郎が新婦を判別できないなどと,愛が疑われる事態である。ここまで五つ子当てゲーム全敗の上杉風太郎,背水の陣である。

 

そしてこれはファンにもまた試練を与えてくるわけか。ファンとしての愛があれば見分けられる?ちょ,まて,俺たちは別に二次元嫁と結婚するわけじゃねぇ!

ぶっちゃけ僕は自信はないわけですが,ここは感想を書いている身として予想をしないわけには行かないか。

 

 

本来であれば,一番最初に出会ったとおりの配列というのがアリそうなんだけれど,ぶっちゃけ二乃と三玖の位置取りがそうじゃない気がするんだよなあ。

 

f:id:ayumie:20200212002903p:plain

愛があれば見分けられる...!?

 

まず向かって左から2番め。これは眉と目の感じから「二乃」だと思うんだよね。同じく目の感じから向かって右から2番めは「三玖」だと思うんだ。「◯二乃◯三玖◯ 」,これは間違いないと思う。

 

で,花嫁はピアスを開けているからピアスをしていないのは除外して良いと思うのですが,それをヒントにするのはちょっと狡いというか「見分けられた」事にならないと思うので,花嫁はピアスを外している前提で見てみる。割とわかりやすそうな比較ができるのは,横顔を向いているシーンかな。

 

この横顔のシーン。四葉なわけですけれど,やはり「京都の女の子」の面影があるよね。本人だから当然ですが。

そして五人が横並びになった構図。目,鼻,口 の形が似ているのは一番奥(正面向かって一番左)か一番手前(正面向かって一番右)か。中央は明らかに区別されているので,別人ですね。

 

で,眉の形状を比較するとやはり一番奥(正面向かって一番左)が四葉に見える。改めて正面を見ると,中央は一花に見えてきますね。そして一番右が五月。というわけで僕的な予想としては 

 

四葉・二乃・一花・三玖・五月

 

になるかな。中央が長女・一花で,あとは年功順に左右展開となっているから一応法則性もあるしね。っと読んだのですが,読者の皆さんはどうお考えでしょうか。

 

正解がわかる最終回まで,読者も風太郎と共にドキドキの夜を過ごすことになる。最後の祝宴で描かれるフィナーレを楽しみにして,まる。

 

 

余談:五等分コソコソ話 120話編

 

さて。今回,上杉家が貧乏な理由が明らかにされました。

 十年前に他界した上杉母。料理店を出した直後に事故死,という悲しい背景があったわけですね...。なるほど。

 

いや,真面目に考えちゃえば事故死だったら保険下りるんじゃないかとか,店舗を人に貸せばローン払えたんじゃねとかなるわけですけれどね。そこは色んな事情があったということなのでしょう。少なくとも,母の夢だった店を人に貸すというのはそれなりに心理的障壁が上杉父らにもあったでしょうしね。

 

 

次。

一花が「また私が体調崩しちゃった時はよろしく」とか言っていますけれど,やはりこれは三玖が代役をしたということでしょうか。そういえば例のプロダクションの社長も三玖を何回かスカウトしていましたし,いつぞやはCMのマネごともしていましたしね。 なんとなくそんなことが示唆されるのも実に善き哉。

 

 

そして四葉

23になってもトレードマークのうさぎリボンを外さない。まあそれは以前の扉絵でも示唆されているのですが,いつか日常においてこのリボンを外す時もくるのでしょうかね。

 

四葉が自分を主張するためにつけ始めたリボン。その独立旺盛な精神が風太郎との出会いを生み,風太郎の人生を変え,四葉や五つ子の人生すら変えた。そんなことを思えば思い入れはあるでしょうが,やがて少女は大人となる。結婚式はその一つの区切りになるような気がしなくもないですけれどね。

 

f:id:ayumie:20200212002931p:plain

「風太郎」

 

そんな変化が伺えるのが,風太郎との婚前同居と「風太郎」呼びかな。これは姉妹ならずともニヤリングせざるを得ない。「風太郎くん」「上杉さん」から「風太郎」呼びへの進化は,長き物語の結末を感じさせる。

 

次回,最終回は大増30pの巻頭カラー。堂々たるフィナーレを期待したい。

再度まる。

 

 

  

現実逃避のご案内

Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。(もっと簡単なのはブックマーク登録。これを機会によろしくお願いします)
はてなブックマーク→このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

   

 

最新コミックスなど

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)

五等分の花嫁(13) (週刊少年マガジンコミックス)

  • 作者:春場ねぎ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/01/17
  • メディア: Kindle版
 

五等分の花嫁 キャラクターブック 四葉 (KCデラックス)

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/02/17
  • メディア: コミック
 

 

 

 

 

 

Googleさんに一言(定形のお断り

 

ここに書いても仕方がないことですが...。せっかく感想書くんだから,Googleさんは検索結果からぼくの記事を消さないで欲しい。切実なる願いである。

 

ぼくの記事が他のサイトの内容に「似たようなサイト」になることなんて有り得ないから。公式に漫画が配信された直後に感想上げている以上,ぼくの感想記事は100%オリジナル記事です。当然発表タイミング的に「ファースト(第一発表者)」となる。

 

「現実逃避」に似ている感想サイトがあるとしたらそっちが「似たようなサイト」なんで,どうしても消したいならそちらを検索結果から消して欲しい。感想書きとしてのお願いです。 

 


*画像は『五等分の花嫁』第121話 より引用しました。

*感想記事の無断複製,及び内容を再構成して自身の感想であるように利用すること(改ざん・剽窃)を禁じます。 2020.2.12. 0時通告