現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『YJ』 2017年第11号 読切 「ヒトリアソビ」(キドジロウ先生) 感想

さてと。『週刊ヤングジャンプ2017年第11号』「ヒトリアソビ」 (キドジロウ先生)の 感想です。

ヤングジャンプ「シンマンGP」エントリー作品だそうです。最優秀賞には連載権が与えられるという。新人さんの登竜門的な企画みたいですね。


で,この作品なんですが...ぶっちゃけ面白かった。


いやね。客観視してしまえば,ただの「気持ち悪い話」なんですよ。




にもかかわらず「面白かった」と感じてしまうのは,きっと「好きだった人を妄想しながらオナニーする」という高校生ならいかにも経験のありそうな事象に加え,妄想が三次元化したというそれ..

言うならば「あー,空から可愛い女の子が降ってこねーかな」という妄想が実現してしまったとかいうレベルの漫画的設定がマッチして,一種の「あー...(あるある)」的ものがあるからなんだろうね。




ある種の「共感」。この主人公セイジ君みたいな行為や妄想には個人的には憧れも共感もないのだけれど,「あー,そういう願望を若気の至りで想像することはあるのかもね」的な「あるある」。そんなものがきちんと描かれていると思います。そこが「面白かった」んじゃないかなと思ったり。




先に触れたように,このセイジ君はある意味「純粋」である。たった一人のかつて好きだった女性をずっと想っている。一つ間違えれば犯罪的で「気持ち悪い」部分ではあるのですけれど,なんかそういうアンバランスさがうまく描けていますよね。

 



そんな日々から三次元化した妄想との〇〇生活。これ,うまいですよね。〇〇行為していないと妄想(ヒロイン)が消えてしまうという設定は,物語上「妄想の彼女」が存在し続ける理由付けになりますし,そんな彼女とのやりとりがいつしかエスカレートしていく「〇的描写」を描く理由付けになる。




これは『ヤングジャンプ』としての新人開拓企画でしょうからね。少年誌ではない,青年誌的な意味づけ,すなわち多少の〇的描写を加えてくることは「作品の売り」としてアリでしょうから,そのあたりはうまく作品に取り込めているかな,と思いました。


そしてそれが単に「妄想上のエロイ話」で終わらなかったのは,その妄想三次元の「田村さな」さんとの〇〇の果てに気付く「気持ち悪さ」である。果てた後に自分のベッドに飛び散る残留物は,それはただの「気持ち悪い行為」に過ぎなかった証左である。




うすうすそれに気付きつつも,結局妄想三次元の「田村さな」さんとそこまで至るまでは止められなかったわけですが,事そこに至ってセイジ君は認めるのである。所詮,それは妄想に過ぎない。




現実の「田村さな」さんとの短い再会,そこにあったのはちょっとばかりの昔の思い出と,そして妄想は妄想に過ぎなかった事実(!?)だった。



結局,この妄想三次元の「田村さな」さんはどうして現れるのか。本当にただの妄想だったのか。高校時代の「夢」について尋ねられた時の現実の「田村さな」さんの反応,それは本心からのものだったのか。

客観的に見れば妄想としかいいようがない事象,でもどこかで本当にそんなことがあったのだとしたらと思わせるような,青い若者が抱くような妄想の実現可能性。そんな奇妙な残留感が最後の別れで描けていた。そう思います。

 



「田村さな」さんとの決別,だけが本作品のテーマではなかったと思いますが,最後にそこをきちんと書いたあたり,青臭い青少年の妄想が昇華した感があって,作品としてうまくまとまっていたと思います。

気持ち悪い話と言ってしまえばそれまでだけれど,「面白かった」作品でありました。まる。


...
......
.........


故に,「ヒトリアソビ」という題材でどこまでいけるかは分かりません。でも,個人的には才能のある漫画家さんだと思いました。いずれ「当たり」がくることを祈っております。まる。



画像はヤングジャンプ2017年第11号「ヒトリアソビ」より引用しました