現実逃避 - hatena

現実逃避 - hatena

漫画感想のブログ

『かぐや様は告らせたい』 第109話 白銀圭は見せつけたい 感想

さてと。それでは『週刊ヤングジャンプ2018年第39号』かぐや様は告らせたい」 第109話 白銀圭は見せつけたい の 感想(かぐ活)です。



うぉー!
久しぶりの「かぐや様」である。合併号の後は休載という深刻なかぐや様日照りに喘いでいた全国数千万のかぐや様は告らせたいファンの皆様に慈雨が来た感がありますな。

 



ま,その間単行本進行やら何やら色々あったのかもしれないけれど,赤坂先生におかれましては鋭気を養われたことと推察する。引き続きキレッキレの物語を一読者として楽しみにする所存。
 

 

白銀圭は見せつけたい

 
さて,今回のお話は久しぶりの白銀圭ちゃんのお話であります。文化祭進行は高等部だけではなく中等部もまた同様であった。なるほど,中等部の文化祭の見学ねぇ...そうやって圭ちゃんを絡めてくるとは。なかなかにどうしてよ。

 関連記事

ayumie.hatenablog.com

 


圭ちゃんと言えば,昔は兄妹仲良かったのに今は遅れてきた反抗期なのか何なのか,過干渉の兄に対してきわめてツンである。実妹によるツンってのはやたらリアリティがありますからね。

妹が顔赤らめながら「お兄ちゃん,背中流そうか?」なんて言う世界線漫画の中にしかないんです。そんなのただの現実逃避です。現実を直視すれば,「俺の妹がこんなにツンなのは全部お前らが悪い」とかいうラノベやらコメディが書けそうなくらいなもんですよ...リアル兄妹なんてなぁ!



f:id:ayumie:20180829134328j:plain


俺の妹が(略)


しかしまあ,そこはツン妹とは言え家族である。秀智院学園中等部の文化祭を見に来たいと言われて拒む道理もなく。
まあ来たけりゃどうぞとばかりのつれない態度ではありますが,拒否はしない。なんのかんので仲は悪くないのである。本当に仲が悪い兄妹なら「生理的に無理」とか言いますからね,この年頃の娘さんは。


とはいえ,自分のリアルワールドに家族が襲来するとならば,迂闊なことをされてはたまらないというのは当然至極なわけであって。
日頃築き上げてきた白銀圭という人物のイメージ。一生懸命構築してきた人間関係。それをふらり視察気分で文化祭にやってきた実兄にかき回されて破壊されてしまってはたまりませんからね。
 

白銀圭はチェックしたい

そんなわけで,白銀圭ちゃんによるお兄チェックスタート!




駄目だった。零点だった。



まあ白銀御行お兄ちゃんの立場になってみれば,まあ言っていること真っ当なのである。ぶっちゃけた話,世の中のオシャなパリピを除けば男が持っている一番まともな服は学生なら制服,おっさんならスーツである。とりあえずそれ着ておけば問題ないですし。おすし。


なのにそれは圧倒的にノウ。ノウだと言う。ええ...(困惑)


秀智院学園の高等部2年の学年1位にしてイケメン,二年連続の生徒会長ともならば自慢の兄じゃないですかね。にもかかわらず,制服を着てくればそれが強調されてしまうからアカンという。なにこれ。白銀詰んでんじゃん。

来るのは構わないけれど,悪目立ちはしてほしくない。そして唯一の真っ当な服である制服は封印された...。そんな状況においては,"制服を着るのがだめなら中学時代の私服を引っ張り出して着るしかないじゃない!"って涙目の巴マミさんみたいになってしまうのは致し方がないじゃありませんか。


うん。
しかしまあ,あれですね。確かにこれはないわ。てか中学時代でも許されないのでは,これは...。


まあ確かに中学生ならこんなプリントシャツ買ってしまうのかもしれないね。意味がありそうでない英字プリントされたシャツ。なぜか長袖が下にあるやつ。おかんに服を買うお金をもらって,買って帰ってみたら「安物買いの銭失いだね」失笑されちゃうアレですよ。


そして謎のズボン。


f:id:ayumie:20180829134426j:plain


ドラゴンスタイル


なぜ中坊は意味の分からない裏地のあるズボンなど買ってしまうのか...。しかも安定の非対称デッサンである。こんなの着て歩いたらそれだけで恥の提灯行列にもかかわらず,なぜ中坊はこんなズボンを買ってしまうのか...。つくづく中学生は謎である。



そして安定のリュック。


f:id:ayumie:20180829134444j:plain


実・用・第・一


いいじゃん,リュックぐらい...。いっぱい物はいるし,ポスター差しているわけじゃないし。しかしまあ上記のコーディネイトにこのリュックだと完全にオシャレに失敗したオタクそのものであることは否めませんね...。






いやしょうがないじゃん,3年前の安物ファッションなんだから...

親父の工場が倒産し,父の職業は不定。兄妹そろってアルバイトに励むことでなんとか親子3人で暮らしている超ド貧乏生活である。衣食住の中でまっさきにコストカットしたくなるのはでしょ,常考



f:id:ayumie:20180829134458j:plain


清貧生活


住むとこなければ生活詰むし,食いものは最低限食べなければ生きていけない。その点,衣なんてどうとでもなるもんである。纏っていられればそれは服なんです。値段やファッション性なんて飾りなんです。
 

えるしっているか。そのブランド服の原価は嘘みたいに安い。夜神月

 

 てなもんですよ。偉い人(女子)にはそれが分からんのです!



この後も父子そろって圭ちゃんに散々にぶった切られるわけですけれど,まあ偉い人(女子)にはえらい人なりの問題意識があるんです。制服はノウ!時代遅れの中坊ファッションもノウ!

華美でなくてもいい。ただ単に安くても清潔感のある普通のカジュアルファッションでいてほしい。それを要求するのは女子としてマストなんです!
 
 

白銀圭のファッションのためなら

 
そして白銀艦隊全艦集結。


f:id:ayumie:20180829134512j:plain


記・念・硬・貨


これがまたね。すっげぇリアリティあるんだ...。金が無くてね。残った貯金は記念硬貨だけとかね。昔ぼくもマジでやばかった時,親父からもらった十万円金貨を換金した記憶が...(駄目な事例)

しっかし女子はすげぇな。見得のためだけになけなしの記念硬貨二千円札をかき集め,さらにはお兄からもらったクリスマスプレゼントまでかき集めて...。それは衣食に使えばいいのに,敢えて一日文化祭に来るだけの兄の服のために使う。これが女の生きる道ってなもんですよ,てやんでぇばろめぇ!



そんな白銀圭ちゃんの心意気がまたいいんだ。

毎年兄がひっそりと財布に入れてくれたクリスマスプレゼント。それを一切使わずにとっておいたわけですよね。彼女も女子じゃないですか。ほしい服があったり,食べたいものがあったりしたでしょう。でも使わずにとっておいた。



f:id:ayumie:20180829134533j:plain


圭ちゃんの心意気



それは素直に受け取れない妹心だったのかもしれないし,そんな兄の思いやりだけを受け止めて本当に困ったときに使おうと貯めていたのかもしれないし。そんな兄の思いやりに気づいていたことを明らかにしつつ,それを兄の服のために使う。自分の文化祭に来てもらうために。それは圭ちゃんなりのお礼じゃないですか。


白銀のファッションを整えることがなぜ圭ちゃんのためになるのかって?


f:id:ayumie:20180829134547j:plain


このどや顔である。


そりゃ,そうですよ。自慢の兄ですから。
自分の世界に見せびらかしたい,カッコいい自慢の兄ですから。見てみて,これが私の兄ちゃんだよー!素敵でしょー? って見せつけたいそんな兄ですから。

そんな兄でいてもらうことは,他ならぬ圭ちゃんにとって嬉しいことなんですよ。幸せなことなんですよ。そんな隠れデレな白銀圭ちゃんがとってもお可愛かったのでした。まる。
 


f:id:ayumie:20180829134602j:plain


白銀圭は最高のプレーをした



...
......


中等部の文化祭ということで名称が気になったのですが,奉心祭とも捧心祭ともどっちの表記なのかは特に見当たらず...。ふうむ。まあ同じ学園の文化祭ですから名称は統一してそうな気もしますけれどね。例の伊井野さんの幼少時代の表記とのずれがどうなるのかは,今後の課題。
 
 
 

白銀圭は手厳しい

 
それはさておき。

圭ちゃんのファッションチェック,おっさんにはなかなか突き刺さるものがあるね。この親子の会話の後にぶった切るとか,普通ないでしょ...。



f:id:ayumie:20180829134618j:plain


月をも掴む男の時計(Typeおっさん仕様)


男がプライドをかけて「月に手を伸ばさん」とする者が持つ時計を「おっさん臭い」とぶった切る。父としてはあれでしょ。貧乏の中でも手放さなかった時計を,月のかなたに住まう姫君(四宮かぐや)に手を伸ばさんとする白銀御行だからこそ託そうとしたとこだったのに。


そこを「おっさん臭い」ですよ。怪傑ズバットですよ。


これはない。
無いんだけれども,女子中学生的にはある。
それも分かるんだよなぁ...。ナウでヤングなJC(笑)としては,兄には普通にカジュアルで格好良くいてほしいんです。
他のファッションと合っていないおじさん臭い時計なんて,どんな思い入れがあろうと断じてノウ! 圧倒的にノウ! てなわけです。

最後の圭ちゃんの微笑みを見る限り,そうした想いがあったのはまあ分からなくもないのである。



しかし今回一番の圭ちゃんのぶった切りはやはりこちらになりましょう。


f:id:ayumie:20180829134632j:plain


半端ない圭ちゃん


「男でヘアピンは相当だから!!」

 

 






f:id:ayumie:20180829134646p:plain


え,何だって?



...だそうです。はい。





そんな『かぐや様は告らせたい』第109話が掲載されているヤングジャンプ2018年39号の表紙は絶賛売り出し中の池間夏海ちゃん

 

ヤングジャンプ 2018 No.39 (未分類)

ヤングジャンプ 2018 No.39 (未分類)

 

 


...て同じ集英社系列の『ニセコイ』実寫映画について大々的に宣伝していないのは何故なんだぜ...。と思ったらあった。小野寺小咲役ともなると,こんなところまで奥ゆかしい宣伝になる。



f:id:ayumie:20180829134701j:plain


奥ゆかしす...


もし『かぐや様は告らせたい』実寫版があったら,是非ギャルメイクで小野寺麗さん役として演じてほしい。というわけで,再度まる。

 

 

 

 



画像は週刊ヤングジャンプ2018年第39号「かぐや様は告らせたい」第109話,『ニセコイ』第21巻表紙,『ジャンプNEXT』2018 vol.6 「刻どキ」及び 『週刊少年ジャンプ』2018年第6号「eの原点」より引用しました。