現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『かぐや様は告らせたい』 第148話 伊井野ミコは愛せない③ 感想

 

さてと。かぐや様 148話 の感想(かぐ活)です。

 

舞台は再びボランティア部の教室に戻ります。

前回予告にあった「あの二人」とは今回は石上とミコ,次回が御行とかぐやか...。ボランティア部なのに完全に部外者枠に収まっている四条さんが良いですね。お前はどこまで恋の部外者なの... 感が半端ない。狂おしいほど愛おしい存在,四条眞紀

 

 

ひっ...。

素になった時の石上の「いいやつ」感がものすごいなあ...。もとより石上の責任ではあるけれど,ここまで献身する義務はたぶん無いのであろう。そこで石上はきちんと「責任」をとるタイプなんだよなあ。良いやつである。

 

とはいえその親切心に甘える伊井野ミコを四条さんはどう思っているんですかね。前回その点「そこから先は地獄しか無いよ?」と心のうちに思っていたはずなのに,なぜでしょう...。腕を折っただけで至れり尽くせりの状況に「とてつもないトキメキ」を感じてしまうのは?

 


メリットとデメリットの計算に走る四条眞紀ちゃんが笑えますね。そういうとこだぞ,お前。そこは先輩らしく目先の誘惑に流されちゃ駄目って言ってやらなきゃアカンのに...。これは完全に悪手である。第2の四条眞紀養成講座が絶賛進行中というやつである。

 

というわけで,今回は「伊井野ミコの石上生活」と相成るわけであります。

 

 

 

 

 

 

 

伊井野ミコは盛りたい

伊井野さんが利き腕を折ったということで小野寺さんが再び登場です。ふむ,お見舞いに来てくれるようになるとは,すっかり二人は友達じゃんね。大仏さんが世界に対する唯一の「出島」だった時代が懐かしくもある。伊井野さんの世界の広がりが窺えますね。

 


というわけで本邦初公開の伊井野さんのお部屋は几帳面な彼女らしく整頓されたソレである。本人の性格もさることながら,お手伝いさんも来ているということで「汚部屋」は流石になかった。

 

大量に並べられた法学関係の書物。国家資格ですから学生のうちに司法書士なり司法試験の受験を済ませようってことなのかしらん。秀知院学園で1位ならそれこそ「余裕のよっちゃん」のような気がしますが。

 

 

ま,これだけなら正義の人である伊井野ミコらしいといえばらしいのである。だが「そこからがいけない」ね。寝具はくまのぬいぐるみ。幼い頃からのタウルケットを纏うだけで浅く眠る生活。書棚の下に隠されたカンパン。伊井野さんのすべてがそこにある

 

 

いや伊井野ミコはガチだから。エピソード一つ一つがやべー奴だから。いや知っているけれど。どんだけ孤独と不安を抱えて生きているんだよ,お前...。

 

そんな不安を覆すために盛りに盛ったヒールの高さは12cm。そういやお化け厚盛メイクもしていたっけ。こいつはこいつで仮面をかぶりたがるやつなんだよなあ...。まあ女子はどこかしらそういう部分があるけれど。

 

そこで明らかになった新事実としては,例の石上の階段落ちの件は「助けようと思えば助けられるタイミングだったんだけれどどど...」という話であったということ。

 

 

いや,もちろん今の「優雅なる石上生活」を想定してかばったわけじゃないですよ。意図的に助けるのが遅くなったわけじゃない。単にミコがかぶったペルソナが物理的に大きすぎた(高すぎた)結果,起きた惨劇でもあったということなのね...。相変わらずの残念プリである。そういうとこだぞ,伊井野ミコ。

 

麗とミコは理解らない

それにしても大仏さんとは別の意味で小野寺☓伊井野ペアのやり取りは面白いですね。真逆だからこそ惹かれ合うのだろうか...。そんな中で語られる新事実

 

 

へ!?

子安先輩,高校時代にお付き合いしていたの? 

 

いやまああのスペックであのキャラ付けですから彼氏がいる事自体はむしろ当然至極である。ただまあ石上とのお付き合いをためらう理由が「体操」だったからちょっと困惑しましたけれど。

 

つまりこういうことか。

つばめ先輩は人並みに部活に勉学に高校生活を堪能しながらお付き合いもしてみたと。ですが前の彼氏と酷い別れ方をしたのがトラウマになっているので「恋に臆病になっている」。要するに体操は「言い訳」である。再び恋に傷つくことに対する恐れってやつだよね。

 

 

しかしどうなんだろ。

石上優の良いところを認め,完全に惚れかかっている状況にも関わらず,石上のことを信じられないってことなのかな。いや,石上というよりも「恋」というものを信じられなくなっているということなのかもしれないなあ...。

 

その酷い失恋とやらはこちらになります。

 

  • 前の彼氏に二股かけられた
  • 相手はサリナ(友人ぽい)だった
  • しげちー激おこ
  • キープのてっちゃんがみーぱんとより戻す
  • 団長派と森くん派が険悪化

 

 

え,なにこれ。陽キャの語彙と文法が全然わからない...

 

二行目まではまあはい。「しげちー激おこ」はなんだろな。

500万円の当選宝くじをつばめ先輩とサリナとしげちーで争奪しあった ..?(気をつけろッ!新手のスタンド使いだッ!)

 

そもそもキープのてっちゃんは誰の彼氏なのかしらん。前後関係からしてサリナですかね。ということはW二股かな。リア充のやることと言ったら全く...。石上が聞いたら青春ヘイトどころじゃ済みませんね。..

するとみーぱんは団長か森くんのどっちかの元カノってことか...。

 

 

え,これ繋がっているの?(困惑)

つばめ先輩の恋愛事情から一気に明らかになる爛れた性活が見えてきます。風紀委員は一体何の風紀を取り締まっていたのか。責任者の顔がみたいですね。

  

からーの,まさかの伊井野ミコ腐女子認定

 

 

即座にミコは否認しますが,検察は証拠探しに余念が無いのであった...。というか,人の家の棚を勝手に漁るな。だいたいヲタは隠したいものはそんなところに入れたりしない(したり顔)。

 

そこで弁護人の大仏こばちさんが登場です。うん,呼び鈴に気づいてもらえなかったのにどうやって入った...? 不法侵入? 合鍵持っているの...? 逆に怖いですそんな弁護人の弁護にならない新証言がコレになります。

 

夢 小 説ドリーム小説!

 

世間的に言わせると僕もオタクなんだそうですけれど,正直知らないな。大仏こばち弁護人の証言が概ねただしいようですが,気になる人はWikipediaでも読んでください(ぶん投げ)。ためしにぐぐってみたけれど,沢山あるんだねハリ●タ夢小説...。

   

大仏こばちはセンキュしたい

そんな伊井野ミコのオタノリについてこられる大仏こばちもまた怪物哉。

 

ま,伊井野さんは分かるわけですよ。そりゃ可愛いし,真面目だし,ある意味とってもいい子なんだけれど基本この娘はポンコツですからね。複数のオタ属性・闇属性を抱えていても違和感が無いわ。

 

しかし大仏さんは違いますからね。秀知院三大美人も羨むレベルの美人ですから!

 

 

「んー センキュ」

 

この余裕感である...って,やっぱりそうなのかー!

おいどんは信じていたでごわすよ(何語?)。大仏こばちが登場したその日から,その仮初の姿の下はめっちゃ美人なのだろうってな!

 

超絶美人・可愛い子の揃う秀知院の中でも陽キャ代表・小野寺麗,病代表・伊井野ミコも太鼓判を押すのである。こいつは期待が高まってきましたぜぇぇぇぇっ!

 

最初から予兆はあった。厚底眼鏡に隠された素顔。どことなく余裕のあるその佇まい。その一方で,意外なくらいに肉食系なその性格の幅。陽キャ派閥の長でもある応援団団長とすら,向こうからの声掛けで「お試し」お付き合いできる実力。

 

 

ふざけた態度の裏にあるその圧倒的重厚な完成度...まさにアバン先生(ダイの大冒険)に匹敵する!

 

 

しかしそうなるとちょっと疑問が残るな。

生徒会長選挙の時の大仏さんの扱いは完全に「地味子」「誰だアイツ」状態でしたよね...。みんな退屈そうに応援演説も聞いていなかったわけですけれど,そこまでの美人であればもうちょっと注目されないか...?

 

 

無論,あの時の選挙戦の対抗は現役最強である白銀御行であり,その応援演説は国の心臓と言われし四宮家令嬢・四宮かぐやだったということはある。美貌だけではこの両者を上回ることはさしもの大仏こばちとて,天地が裂けても難しかったであろう。

 

とはいえ違和感は残りますね。それとも美人設定が明らかになったのは「その後」だったのかしらん。あるいは,担いだ神輿があまりにもポンコツ過ぎたからかもしれないなあ...(遠い目)

 

伊井野ミコは愛せない...?

とまあ女子会トーク のノリで何気なく繰り広げられた一言から脳裏に浮かび上がる,伊井野ミコの文化祭の思い出

 

 

蘇ってくるのはあの時石上がかけてくれた優しさ。石上優の名に恥じない,誰に対しても根っこのところでは優しい男が,オタで堅物で...でも真面目で実直で優しい女の子に対してかけてくれた優しさを思い出して...

 

 

 

ん?んん!?

 

感づいた!

もともと分かっていた感じであったけれど。伊井野ミコの感情の奥底にあるものを感じ取った小野寺麗ちゃんである。そんな彼女の選択は...

 

 

けしかけた!

思わず止めに入る大仏こばちであるが,時すでに遅しである。小野寺麗も大仏こばちも気が付いている。でも伊井野ミコだけはまだ分かっていない。自分の奥底にある本当の気持ち。言語化はできないけれど,すでにそこに確かにある本当の気持ち。

 

 

....これはまずい事態だ...!

焦るこばっちゃんこと大仏こばち風紀委員である。既にほとんど自覚の直前まで来てしまっている。これは悪手だ。よくない。焦れば焦るほど,深めていく伊井野ミコの石上依存。

 

差し伸べられたその手に,心の底から純粋に「気遣いの気持ち」で石上が声をかける。

 

 

次にお前が会談で足を滑らせたときには 俺が絶対に守る

 

 

俺が絶対に守る。

 

ドクン...ドクン...ドクン...ドクン... 

  

 

さんざん否定してきた男の手を,しっかりと握りしめる。その頬を紅潮させながら。もはや隠しようもない,「気づいてしまった本当の気持ち」。

 

 

 

そうーーー伊井野ミコはーーー

石上優を好きになってしまっているということを。

 

まる。

 

 

余談

すっげえ気になるところですが合併号なので来週はヤングジャンプはお休みです。こんなのってないよ...あんまりだよ...ですけれど,まあ漫画家先生たちも休まないといけませんからね。ゆっくりお休みしてください。

 

さて一つ気になったのは,なんで大仏さんはこれ「悪手」「よくない」としたのかな。小野寺麗ちゃんはけしかける方を選びました。大仏さんは抑える方を選んでいたようです。それはなぜか。

 

 

麗ちゃんはきっと自覚させることによって,つばめ先輩と石上の間に割って入らないと「伊井野さんの居場所がなくなる」と思ったということなのかな。一方,ミコちゃんとの付き合いが長い大仏さんは「自覚させるとかえって不成立になる」と思ったということか。

 

なんとなく単なる妄想ですが,分からなくもない話である。

伊井野ミコはある種メルヘンチックで臆病な女の子である。もとよりプレッシャーの弱く,あがり症な側面もある。石上に対して彼女が強い態度をとることができてきたのは,あくまで「私が上,お前が下だ!」じゃないですけれど(J・P・ポルナレフかよ),どこかで己の優位性を抱き続けてこれたからである。

 

それが恋心を自覚したとたん,伊井野ミコは一気に「追う者」の立場に成り下がるのである。忘れているかもしれないが,「恋愛は戦」なのである。石上の気持ちは子安先輩を向いており,このまま恋を自覚させられたら伊井野ミコは一方的に追いかける立場になるしかない。

 

周囲も認める肉食系女子・大仏こばちだからこそ知る境地。「恋は男から追わせねばならない」という狩人の嗅覚が,伊井野ミコの恋の自覚に危惧したということか...。さすがである。

 

会長とかぐやさんのような「対等の勝負」までまだ持ち込めていない現況,伊井野ミコが一方的に恋慕する気持ちを抱いてしまうのは確かに「悪手」

それをつなぎとめるために伊井野さんが石上を「骨折案件」で頼る状態に依存してしまっては,完治した時に伊井野さんは石上をつなぎとめる術もない。その到達点は第二の四条眞妃である。

 

「これはマズイ事態だ...。」ドフラミンゴさんもインペルダウンの最下層で嘆いている。 このまま本当に石上優に対する気持ちに気が付いてしまうのか。そんなところがメッサ気になるー!な第148話でした。

 

というわけで,再度まる

 

 

 

千花のターンはおあずけ (1000万再生おめでとうございます)

 

 

現実逃避のご案内

Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。(もっと簡単なのはブックマーク登録。これを機会によろしくお願いします)
はてなブックマーク→このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

   

 

 

コミックス

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(15) (ヤングジャンプコミックス)

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~(15) (ヤングジャンプコミックス)

 
かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

かぐや様は告らせたい?天才たちの恋愛頭脳戦? 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 
かぐや様を語りたい 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

かぐや様を語りたい 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 


*画像はヤングジャンプ2019年第35号『かぐや様は告らせたい』 147話,同137話,同120話,同57話 より引用しました。

画像引用は中止しました。