現実逃避

現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『かぐや様は告らせたい』第187話 白銀家は引っ越したい 感想 : 港区女子(かぐや)と帰りたい

さてと。 かぐや様は告らせたい 187話 の感想(かぐ活)です。

 

今週はお盆休み前ということでヤングジャンプは合併号。まあ赤坂先生を始め,漫画家の先生方も編集者のみなさんもお休みは必要ですからね。まあ週2連載で週休2日維持している岸辺露伴か?ってくらいな赤坂先生にとっては英気を養われる機会かもしれません。

 

 

しかし,合併号か...。

子安つばめ先輩の計略も匂わされたままそのまんまですしね。こういう合併号ってのは次まで2週間開きますし,「爆弾」を放り込みやすいタイミングではあるよな。そろそろ子安先輩が動くか?大友京子でてくるか?

 

 

なーんて予想していたら冒頭一発目がこれですよ。

予想もしていなかった白銀父が出てきて思いっきり草ァ!

 


 

白銀父,まさかのユーチューバー収益化が実現したとは言え,ここで「引っ越し話」が入るとは思わなかったな...。借金5億もあったらいくら稼げても何時返せるか分からないから,引き続き清貧生活続けるのかと思いきやまさかの引っ越しである。

 

今回は,そんな都内カーストのお話(え)

 

 

 

 

  

最新コミックス 【単行本】  

かぐや様を語りたい 3 (ヤングジャンプコミックス)

かぐや様を語りたい 3 (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者:G3井田
  • 発売日: 2020/07/17
  • メディア: コミック
 

 

 

 

 

 

白銀父は引っ越したい

というわけで,いきなりの引っ越し話である。

 

引っ越しのきっかけも引っ越し資金もユーチューバーってあたり相変わらずな白銀父ではありますね。これだから怖いインターネッツに顔出しは困る。 やっぱり全てをさらけ出すには高リスクすぎる世界ですね。まあハイリスクだからこそハイリターンなのかもしれませんが。

 

借金5億チャンネルで収益が上がったはいいものの,顔出しがあたってストーカー被害にあう白銀父。

 

妻と絶賛別居中のアラフィフ親父が露出過多の妖艶な女子が近づいてきたら,ほいほいと食っちゃいそうなものですけれど,ここで心の底から恐れているあたりやはり白銀家よな。これ,白銀父が本当に白銀母にガチ惚れだって証拠でもあるよね。愛する女はお前だけってか...いや,そういう話じゃなくて,単純にストーカーされれば怖いですけれど,はい。

 

 

そこで問題となったのがセキュリティである。

めちゃくちゃお年頃の可愛い娘さんもおりますし。あまりにも白銀家はセキュリティが甘すぎた。バックドアなんか設けていなくても針金一本で扉が飽きそうな三軒茶屋の1DKである。ぶちゃけこれはヤバい。

 

そうでなくても1DKで3人ぐらしは健康で文化的な生活とはいい難いのである。薄越しカーテン一枚で打倒・帝!に息巻く兄の奇矯な空間も見たくない妹の利害と,薄越しカーテン一枚でかぐやとのイチャこらLINE通話を聞かれたくない兄の利害も一致するのである。そんな毎日が僕ヤバ秋田編な生活とはお別れしたいというのが本望であろう。

 

そんな白銀家にやってきた奇跡。

ユーチューバーで稼いだ泡銭をつかえば家賃20万までOK! もちろん3KだってOK!

 


 

ははぁん...。

 

この話,結構ふくらませる気があるのかな,赤坂先生。今回,箸休め的に入った話ぽくあるんですけれど,引っ越すって結構大事だからね。だって購入じゃなくて「賃貸」でしょ。賃貸は賃貸で色々面倒くさくね...?

 

契約するのは当然「白銀父」じゃん。

元職業不定じゃん。不動産あるあるですけれど,買うのも借りるのも「信用」てのが問題になりますからね。とうぜん借り手の職業だの収入だのが問題になってくる。いまは唸るように収益が上がっていますけれど,実際のところ前年収入は月20万のところ借りられる程無いと思うんだよなあ...。まあ,賃貸なら収入証明まで求めてこないかもしれないけれど。

 

せっかく白銀が見つけた好物件ですけれど,もしかしたら借りるまでひと悶着あるかな...。まあ裏で四宮さんあたりが業者を撫でつければすぐに問題解決しちゃうでしょうけれど,そのあたりの「金が絡むような恩」はこの恋愛には入らないような気もするので,さてどうなるか。一つ気になるところではある。

 

そしてもう一つ,引っ越したら引っ越したで心配なのが他ならぬユーチューバー白銀父である。別にやつが「港区おじさん」になるとは思わないけれど,薄汚れたアパートで借金5億で売ってきた男だけに,それがいきなり小綺麗な港区のマンションの書斎が背景になっちゃったら台無しじゃね? 

 

 

 

赤スパだす側の意識が変わっちゃんじゃないかしら。何だ,このおじさんちょっと金が入ったら俺らの金で贅沢始めたぜ...みたいな空気になってしまわないかしら。インターネッツの風向きは一気に変わるものである。もてはやされるのも早いが叩かれるのも早い。そんなエピソードが入ってきそうな気がしなくもない今日このごろである。

 

藤原千花は導きたい

さて,会長が引っ越しとなると当然秀知院学園の面々にも影響があるのである。

 

そもそも今回の居住地選択権を与えられた白銀御行の目的は四宮さんのご近所になることである。「四宮さんちの晩ごはん」な生活を夢見る男子としては,せっかく見つけたこの好物件一択なわけですけれど,そこで両国から物言いが入った。あ,違った,藤原千花から物言いが入った。

 

 

次々と繰り広げられる藤原千花の論理構成

 

曰く,スカイツリーがよく見える。曰く,コンビニに行くとお相撲さんが立ち読みをしている。曰く,13万から借りられて10年で1000万円近い節約ができる。など。などなど,さすがは偏差値77の秀才・秀知院学園の才女たるものよ...って思うじゃん?(よねやん先輩)

 

そんな「釣り」に引っかからないのが,近年B級下位から急上昇中の石上隊なのであった。さすがはつばめ争奪戦選抜試験に合格しただけのことはある

 

 さっくりと藤原千花の狙いを見抜く石上会計。

ほえぇ...。都内カーストとか気にして東京を俯瞰したことなかったなかったけれど,やはりトップは千代田・港区というイメージは万全なわけですね。まあ,さもありなんである。

 

 

これまで世田谷・三軒茶屋という白銀会長の自宅は,渋谷・松濤に住まう藤原家よりも「外京」にあったわけです。それが白銀会長が港区男子(笑)になってしまったら,自身より上位に来てしまう。コレは由々しき問題である。

 

そこで「両国」をすすめるあたり,松濤民・藤原千花の両国感が出ちゃっていてふふっ...荒れなきゃいいなって感じですけれど,そこは煽る石上を描いておくことでコメディにしてありますね。まあ藤原じゃあそのくらい言うだろ...みたいなところもなくもないし。

 


 

いや,いいじゃんなあ。両国。スカイツリーも見れるし。お相撲さんもたくさん見られるし...(はっ,藤原千花に説得されている!?)

 

 

だがそんな藤原千花の浅ましい考えに乗っかるまでもなく,白銀御行の気持ちは決まっているのであった。やっぱり四宮と一緒に帰りたいし?四宮さんちの晩ごはんも楽しみたいし?

 

会長が遠くに行ってしまうのではないかと心配する四宮かぐやさんがお可愛いわけですが,そんな心配をかけさせるわけでもなく,白銀御行が採るべき道は初手の案しかなかったのであった。

 

 

ふふっ...。

四宮さんの心配そうな顔をみて,一瞬で大切なものを思い出して最適な答えを出してくる会長カッケーな!さすがはラブコメ主人公好感度No.1(ayumie脳内調べ)である。

 

なんのかんので落ち着くところのに落ち着いて,まあたまにはこんなのんびりした話もありの。ということでまる

 

余談

まさかの二連続での中継ぎ回感ありましたが,案外赤坂先生はこういう話に後の伏線を打ち込んできたり,そこから話を広げるので何とも言えないところである。

 

この話だって,先に妄想したように不動産やの話にも繋げられるし,ユーチューバーの話にも繋げられるし,四宮さんが現在の白銀家を訪問する話にも繋げられる。もしかしたら御行が引っ越した先には早坂が同じマンションに住んでいるかもしれないしな!それはそれ,波乱要素でで面白いと思うのである。

 

さて,今回「港区おじさん」「港区女子」とかいうパワーワードが入ってきたわけですが,コレはぶっちゃけ僕の視野外の用語だったのでぐぐちゃいましたよ...。いかに僕が港区と関係ない生活をしているかバレちゃいましたね(どうでもいい)

 

 

赤坂先生,ときどきこういう時事ネタ(港区女子あたりはちょっと前からあるようですが)をぶっこんでくるから芸が広いなあって思います。ここから先の展開が読めませんが,この話を引っ張るかもしれないし,別の方に行くかもしれないし。

 

いずれにせよ,再来週が楽しみなのである。再度まる。

 

現実逃避のご案内

Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。

 

 

   

 

 

最新コミックス【電子書籍】

 


*画像引用は中止しました。