現実逃避

現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『かぐや様は告らせたい』 第233話 早坂愛は着替えたい 感想 : 白銀御行2号は猫耳に弱い!...の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

さてと。

「かぐや様は告らせたい」第233話の感想です。

 

前回は四宮雲陽からの示唆により,白銀御行防衛のための算段としてボディーガードをつけるという急展開となったお話。セキュリティの高い秀知院学園の外で御行を守るため,急転直下の白四安全保障条約締結となったのですが,その防衛の任に当たるのがみんな大好き最強(元)メイドの早坂愛さんということで俄然盛り上がってまいりました。

 

たしかに特殊任務もこなす早坂愛はボディーガードにうってつけなんでしょうけれど,そんなことは抜きにして同級生との同居生活ですからね。まさかの「アオのハコ」YJ版にラブコメ脳の読者も「とてつもないトキメキ」を感じたことでしょう。

 

無論,四宮かぐやと白銀御行は長きにわたる恋愛頭脳戦の温冷2回のロマンティックを経て成立したカップルです。心も体も繋がっちゃって頭がフットーしそうな恋人同士ですからね。いまさら早坂愛と何かあるはずもない。ましてや早坂さんにとっては二人は大切な「友人」ですからね。その二人の間に隙間風を吹かせるような事態になるはずはないんです。

 

そう,隙間風が吹く余地など無い。

余地はないけれど,この二人をからかって遊ぶ程度の心のゆとりと動機があるのが早坂愛というもの。そんなYJ版ウィッチウォッチでアオのハコな早坂愛同居編,スタートゥ!です。

 

 

 

新刊コミックス 【単行本】

 

 
 

 

 

 

からかい上手の早坂さん

さて当面の問題は「ナデイドゥンディスカヴァャザァカザァンッ!(何故いるんですか早坂さん!)ということです。

 

四宮家が大変なことになっている。四宮かぐやの価値が未だかつて無いほど高まっている今日,その相方となる白銀御行の「かぐやの急所」としての意味合いがめっちゃつよくなっている。だから早坂がつきっきりでガードしなければならない...

 

実際のところはそれだけです。そのまんま話せばいいだけの出来事なんですが,「四宮家に誘拐サライされるかもしれないっす」なんて状況は恋人である四宮かぐやの実家に対する印象が最悪になるのではないかという懸念が否定できない。

 

 

いや,んなこたぁねえだろ...!

と冷静に考えれば分かる話なんですけれどね。四宮家がどうしょうもないなんてこと,御行が改めて話すまでもなく周知の事実です。しかもそのことを白銀父はめっちゃ知っている

 

かつて自ら経営していた工場を手放すことになったきっかけは,四宮家の強引なやり口によるもの。その結果,白銀パッパは富も妻も失った(失いかけている)わけで。四宮家がそんな連中だということはすでに折り紙付きだし,今更の話なんですよね。

 

そう考えるとこの時の早坂愛の受け応えはちょっと怪しい

最後のオチと結びつけて鑑みても,お前内心では絶対に「んなわけねぇだろ!」と思っていたでしょ。分かっていて白金御行をからかっている。そんな,からかい上手の早坂さんに手玉に取られている御行が可愛いですね。

 

白銀圭は許せない

しかし御行がなんとかしなければならないのは父だけではなく,兄に対して面倒くさい感情系の妹・圭ちゃんもいるんですよね。兄はだたいマッスル。妹はただいマツタケ。そこは「ただいマッシュ・バーンデッド」(マッシュル)でも良かった気がしますが,それはさておき。

 

兄が女を連れ込んだ時の妹の感情たるや,ただですら「かぐやさんは素敵なお姉さまだけれどアチキの目の黒いうちは同じ屋根の下でイチャイチャするな!」って感じですからね。しかし豈図らんや,相手は愛しのかぐやお姉さまではなく,いつぞやスマホで見かけたハーサカなのであった。これは事件です。

 

兄がかぐやさんと別れてしまったらアチキの人生設計ががが...という冗談はさておき,冗談にならないのが兄の所業です。不穏当な会話が終わったと思ったら,とつぜんかぐやさんちの元メイドさんがコスプレ大会始めている。完全に兄に三行半を突きつけたくなる事案です。

 

うーんこの...

早坂さんめちゃくちゃ楽しんでいるな!

 

 

ディティールに凝るのはさまざまな社会的仮面ペルソナをかぶり続けてきた蓄積が活きているんでしょうけれど,どうやったら白銀御行が動じるかを試しているかのようです。そこは四宮かぐやに操を捧げると終生誓った白銀御行さんですから,そんなコスプレぐらいで釣られたりは...つられたりはしないクマーーーーーッ!

 

いやめっちゃガン見じゃん。

眼光の鋭さが通常の三倍の白銀御行です。最近は試験勉強時ぐらいしかみせなかった吊目になって視線は早坂愛の戦闘服メイド服に固定!

 

 

あまりもの惨状に白銀父ほしいってつも言っています。

「白銀御行1号はメイドコスに弱い!」と(言っていない)。

 

動揺を隠すように顔を背けても,人間,癖には勝てないんですよね。私にもそんな時代があった。ちょっと好みのファッションをした人を見かけると...(聞いてないです,そんな話!)

 

 

白銀御行2号は猫耳に弱い...!

世の中に見たくないものはいくつかあります。親兄弟の性的なアレもそうですが,兄貴が女子にキツめのコスプレさせてキマっちゃっているシーンとか絶対見たくないですよね。ましてや異性の姉妹からしてみれば生理的に無理っすよね。絶望した!兄貴に絶望した!

 

帰宅した父と一緒になって兄を糾弾する

息子の変わり果てた姿に思わず乗っかる

それに動揺する白銀をからかいにかかる

 

 

 

絶望した!信じていた友達ダチの裏切りに絶望した!

 

親姉妹と友人から「変態」と罵られるの,悲しいにも程があるよね...。

こんなの酷すぎるよね...あんまりだよね...。思わずナ◯シカ入っちゃいそうな御行にさらに追い鰹ならぬ「追いからかい」ですよ。さすがは元祖からかい上手のお父さんお義母さん(違)である。

 

 

 

絶望した!信じていた親の裏切りに絶望した!

秀知院学園随一の秀才にして四宮かぐやの将来の伴侶候補の一人たる白銀御行がまるで赤子である。やはり父は強いの。完全にキレ気味の御行に対して猫耳で全てを誤魔化そうとする早坂愛が愛らしい。お前...御行とかぐやのコスプレ回(猫犬対決)を見ていたなッ!早坂ッ!

 

 

一人理解できていない白銀圭ちゃんの声が港区の賃貸マンションにこだまする。こだまでしょうか,いいえ,誰でも。というわけで締めの一言を向こう正面の白銀父ほしいってつさんお願いします。

 

白銀御行2号は猫耳に弱い!

 

 

余談:緊急討論!白銀御行NTR問題

まあ全体的にコメディ回ということもあって,ひたすら笑かしてくれたお話でしたね。あまり考察的なことをかけなかったので最後に少し。

 

早坂母(奈央さん)の同意を経て白銀家にボディーガードとして潜入することとなった早坂愛ですが,考えてみると守らなければならない対象って御行だけとは限らないんじゃないかしら。御行本人じゃなくても圭ちゃんも白銀父も未来の家族と思えば「かぐやの急所」足りうるわけで。

 

一応,ボディーガードの協力者が雲陽の手によって用意されるみたいですから,個別のガードはそれらも分散対応するのかな。いくらハーサカ傭兵が運動死刑が良くてもも一介のJKですからね。そんなことを思ったり。

 

 

それと,やっぱり気になるのは四宮かぐやの動向ですかね。

いまは安全な場所にいるようですが,そうなると余計なことが気になってくるじゃないですか。そう,NTR問題です!

 

信頼する恋人と友人。疑うこと事態がそもそもありえないわけですが,そこはかぐやさんだからね。一度妄想が動き出せば暴走列車となって止まらなくなる。四宮かぐや妄想無限列車編というやつです。

 

また早坂も「からかい上手のは早坂さん」ですからね。かつての主であり今の友には恩義も愛情もありますが恩讐だってあるかもしれない。それなりに酷い役回りをさせてこられましたからね。一泡吹かせてやりたい気持ちが生れ出づる悩みになるかもしれないじゃないですか!

 

雲陽との会話の中でも意味深なやり取りがありましたしね。大切な友人以上の意味はなさそうですが,案外早坂にとって白銀御行という存在は「男性」として思うところがある存在だったのかもしれない。少なくとも「最初に落とそうと試みて告った男性」には違いないですからね。

 

 

早坂にしてみればBSS(僕が先に好きになったのに)ならぬBSK(僕が先に告ったのに)ってやつですよ。今回久しぶりに見せたハーサカモードのあれも幾分の含みが有ったじゃないですか!

 

 

そう考えるとだな...

早坂がちょっと二人をからかってやるつもりで悪戯するってのはありだと思うんですよね。仮にそのつもりがなくても男女が同じ家の中ですからね。どんなハプニングがあるか...密室に男と女が二人...なにもないはずもなく(ないよ)。

 

そんな早坂の性格を知り尽くした四宮かぐやの妄想がたくましくなるのは容易に想像できるんだよな。なまらシリアスな局面でそんなことを妄想している脳天気な四宮かぐや。アリかナシかと言ったらアリだーーー!とワイは思います。

 

そんなことも楽しみだったり。

そして何よりも,今週最大の疑問は早坂愛の変幻自在のコスプレにおける疑問です。

 

お前どこで着替えていたんだ...? 御行の前でか...?

 

てなところで今回の感想はまる

  

現実逃避のご案内

Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

 

   

 

新刊コミックス

 


*画像引用は中止しました。