現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『かぐや様は告らせたい』 第259話 日常② 感想 : ギメイ...君に私は「泣けなかった」と言ったよね? そうすると君は...逆に「泣きたかった」んじゃないのか? どうなんだギメイ? の巻

 

さてと。『かぐや様は告らせたい』第259話の感想です。

 



前回は雁庵の死が告げられて風雲急告げる四宮家風な煽りもあったため,再び相続問題が起きたのかと思いきや。今回冒頭でさっくりと告別式が終わって半月後状態ですよ。思わず,これは大河名物ナレ死ってやつか...? ってなりましたね。

 

とはいえ事は人の生き死にである。ましてや四宮かぐやにとって,四宮雁庵は唯一血が通った肉親だっただけにその衝撃も大きかったことでしょう...て思うじゃん?

 

 

そんな父の死に際して四宮かぐやの心は動かなかった。

 

それを「冷たい人間」と冷静に分析するわけですけれど,それは本当にそうなのか。そんな冒頭から始まる第259話の感想です。

 



 

最新コミックス 【単行本】

 

 

 

 

 

 

 

四宮かぐやは撮りたい

さてその四宮さんである。

冒頭,撮影対象としているのは例の「胡麻の助」ですね。第201話で脚だけ登場した阿倍ひふみ君の飼い猫の。相変わらず生徒会室を訪れているのかしらん。

 

父の死に感情がピクリとも動かず,カメラ片手に一人街をふらつく四宮さんは本人の言う通り冷たい人間にも見えるし,肉親を失って放心しているようにも見える。人の死に接した時,感情的になる人と逆に感情の動きが無くなってしまう人がいますけれど,ぱっと見,後者のように思えるんですけれどね。

 

気が付けば目黒まで遠出していた。ていうか,石上君の家の側だった

 

あれ。

石上ってスイスに行くとか言っていなかったけ? 3週間ぐらいだった気がするけれど,夜は夏期講習とか行っているんだったら,伊井野さんだって夏休みに会う機会ありそうだよな。同じ塾に行くとかすればさ。

 

それはさておき,今回は石上とかぐやさんが接点のお話。この疑似姉弟感あるペア,実は悪くないよね。とうわけで石上撮影会です。

 

石上くんギメイ...君に私は「カメラマンになりたい」と言ったよね?

そうすると君は...逆に「被写体になりたい」んじゃないのか?

どうなんだ石上くんギメイ

 

「座殺博徒」みたいなポーズで写し出される石上優の姿は完全に魑魅魍魎の類です。これじゃ祓う側じゃなくて祓われる側の表情でしょ。お前もなれなかったか...秤金次ジョイボーイに...。

 

 

石上優は笑いたい

 

静物なら撮れるけれど,人物や動物は上手く撮れない。

 

なるほど。

石上優が出したヒント「相手を笑わせて緊張を取る」という部分の肝は,言い換えれ被写体の気持ちを考えるということでもある。静物には感情がないから相手の感情をコントロールする必要はない。

 

ですが生き物が対象であれば撮影の緊張に対して「緊張がとれるような配慮をする」必要がある。自分自身の感情の在り方すら正しいと感じられない四宮さんにとってかなりの難題ですよね。

 

 

人を意識して笑わせるのは難しい。

だからと言って四宮さんが人の感情を理解できない人物ではない。

 

四宮先輩ギメイ...君に私は「皆が笑っている写真が撮りたい」と言ったよね?

そうすると君は...逆に「皆に笑っていてほしい」んじゃないのか?

どうなんだ四宮先輩ギメイ

 

少なくとも,四宮かぐやが撮りたい人物像は「皆が笑っている写真」であるならば,そこに相手が笑っていてほしいという感情が存在するってわけですからね。

 

 

四宮かぐやは冷たくない

 

そんなかぐやの本質に気が付いた石上はやっぱり四宮さんが人として好きだし,そんなことをドヤ顔で言っている相手の笑顔が見れたからこそ,生意気な後輩の素敵な笑顔を上手く撮れたというわけ。そこには相手の感情を慮る気持ちがある。

 

四宮かぐやが亡き父の死に際して感情が動かなかった理由。

それは時機を逸したことに対する喪失感だったんでしょうね。写真が上手くなったら父の写真を撮りたかった。父が笑っている写真が撮れたなら...それだけの腕を自分が持てたなら...。

 

四宮さんの将来の夢が写真家というのは「急に生えてきた」感があったんですけれど,その背景には自分を愛してくれた父の写真を撮りたかったという想いがあったんですね。

 

そんな想いを遂げることなく,父・雁庵は逝ってしまった。実現しなかった未来に対する喪失感こそ,四宮かぐやが泣けなかった理由のような気がしたり。

 

などと諸々思いつつ,今週の感想はまる。

 

 

 

最終話まで残り13話

 

 

現実逃避のご案内

Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。

 

 

 

   

 

最新コミックス

 


*画像引用は行っておりません。文章は個人の感想です。