現実逃避

現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『かぐや様は告らせたい』 第72話 かぐや様は断らない 感想

さてと。それでは『週刊ヤングジャンプ2017年第46号』かぐや様は告らせたい」第72話 かぐや様は断らない の感想(かぐ活)です。



引き続き,ヤングジャンプGOLDのVol.2情報。





予告のアオリだけみると,今回も「トラブル」なお話らしいです。しかし赤坂先生のやることですからね。前回みたいに謎の光とか煙とか二番煎じはやらないでしょう。一体全体どんな風にトラブラせるのか。

一つありうるとしたら,新加入の伊井野さん絡みですかねえ。伊井野さんと石上くんが変な風にトラブって嫌われるようになったとか,そういう「きっかけ」みたいなエピソードが見られるのかもしれないし,それは本編でやれよって話かもしれない。

さてどうなることやら。



 


?


 




で,突然ですがご挨拶です。


「小野寺さんは可愛い!」


ジャンプ読者であれば,これは日常の挨拶みたいなもんですからね。「おはよう」とか「またね」と同じぐらい,まるで水や空気のように存在する言葉です。


そんな小野寺さんがまさかのヤングジャンプ連載中の「かぐや様は告らせたい」で再登場されるとあれば,小野寺派ブロガー(←懐かし)としては興奮せざるを得ませんね。






はい!
小野寺さんは可...か...か....うーん微妙?



所謂ウェーイ系っていうんですか。
ageageのアゲハ嬢みたいな女子が好きな人にとっては可愛いでしょうけれど,個人的にはうーん...微妙。微妙やね。

なにがって言われると容姿が好みではないということに尽きるのかもしれませんけれど。実際成績とか石上会計よりよさそうですし,中身は凄いのかもしれないですしね。まあアリかナシかといえばナシ寄りのナシで。できればチェンジでお願いします。

個人的には,こういうデーハーなギャル系よりかは黒髪でアシンメトリーの方が好きです(おい)






...ふう。
これまでも『現実逃避』なんて辺境のブログで小野寺さんのことばかり書いていたわけですが,今回の小野寺さんの登場はさすがに赤坂先生の意図を深読みしそうになりましたよ。こんなクソブログご覧になっていないでしょうけれどね。少し肝を冷やしました。


...まあ考えてみれば特段珍しい名前でもありませんしね。職場の同僚にもいるからね,小野寺さん。もとより,『ニセコイ』の小野寺さんだって,当時ジャンプ編集部にいた小野寺編集の名前を借りただけっぽい印象がありますし(←単なる妄想です)。

最近その名前をジャンプ編集部界隈で聞かないんですけれど,ひょっとかしてヤングジャンプに移っているんですかね。だったら赤坂先生が「今度のモブキャラの名前なんにするかなー。うーん,編集さんから借りるか?」みたいな発想があってもおかしくはありません。


まあ真相はそんなところなのかもしれないとか思ったり。


...
......



まあ今回の感想については言いたいことは書いたので,まあこれで終わりにしてもいいのですが,さすがにそれは石上会計とかぐや様に申し訳ないので続きを書くか(ちょ)。



というわけで,今回は石上会計のお話

 

ふむ。
石上会計は別に陰キャでいたいと思っているわけではなくて,リア充になりたい」と思っていたわけですね。

ここまでの石上会計の印象は割とやる気無し,モチベ無しという感で,好きなマンガを読んだりゲームをしたりしてたらたらと人生を過ごすことに主眼を置いているような感がありました。それが最近では生徒会の面々と交わりあうことにより,かなり性格というかモチベーションがポジティブになってきたような印象が無くもありませんん。


その流れを受けた今回の石上会計のアクションに対する小野寺さんの反応がこちらになります。





完全に小野寺さんと気持ちは一致です。一体お前は何を考えていたのか。「応援団に入ればリア充になれるのではなく,リア充しか応援団に入らないのだ」はまさに至言である。後悔先に立たずとは,ほれ,このことであろう。


それにしても,このウェーイ系のノリ,まさにオッサンにはついていけないオンパレードである。「やっべ 何言ってるか 一つも分かんね」という石上会計の反応に100%シンクロである。こういっちゃ何ですが小野寺さん(ウェーイ系)や石上会計(陰キャ系)のいずれにも対応できる自分は汎用性の高いオッサンだと思う。



そんな石上会計の居たたまれない空気の中,この副団長さんがとても気になります!






子安さんかあ...。子安といえば子安貝かな?

石上会計に気を配る当たり,なかなかに性格は悪くなさそうな印象(ファーストインプレッション)。何気に胸もでかいですしね!ポニテで巨乳とかなかなかいいところにボールがやってきます。おら,なんだかワックワクしてきたぞ!


何気に表情が描かれないのは何かの伏線なんでしょうねえ。立場的には美形だと思われますが,さて彼女が石上会計に絡んでくる意図は単なる優しさなのか,興味本位なのか。気になります。


まあ当然石上会計とラブな空間が作られるとかいう流れではないのかもしれませんけれど,そう勘違いさせるような「空気」が発生すればなかなかに面白いことになりそうです。





石上会計のカウンターパートナーは当然伊井野さんだと思っているのですけれど,いつの日か伊井野さんが石上会計に「男」を感じさせるような出来事があったときに,一直線で結びついたりしない波乱要素というかね。まあ要するに伊井野さんがヤキモチを焼くような対象として子安さんが育ってくれたらね。個人的には申し分ないっす。


また話がそれてしまいました。
で,そんな石上会計に今回与えられた試練は「女装による応援団」であります。

 


うむ。
応援団に入るというだけで陰キャで嫌われ者の石上会計にとっては「冒険してもいい頃」というか冒険しすぎてしまった頃みたいな感じなのですが,加えて女装とな。もしかして,私たち入れ替わっちゃってるー!とか割と時期外れのネタに思わず噴出します。


ということで,石上会計が存在するだけでも針のムシロの応援団に参加するまでの障害は二つあります。一つは女装する為のアイテム,「女子の制服」を確保すること。その上でその「制服を着る」ということです。

ちょっとした思い付きというか,冒険のつもりで始めたことがなんと険しく高い山であったことか。高尾山にピクニックに行く気分だったのに,いきなりプロデューサーに拉致されてエベレストに上ることになった若手芸人みたいな状況です。考えれば考えるほど絶望しか降りてこない。


 


まず第一のハードルは「女子の制服を借りる」ですが,まず女子に嫌われているので石上会計はこの段階で詰んでいます。それにしてもこの小野寺さんの目つきめっちゃきっついな! 同じ小野寺の名を冠するとは思えぬ...(おい)。


となるとあとは一応普通に?会話してくれる系の女子としては生徒会面々ということになりますが,ここでも伊井野・藤原・かぐや様と詰みゲーな面々しかいない。


 


てか藤原パイセンの目つきがやたらリアルに怖い。頼んだら本当にこういう反応がありそうですよねえ...。あれで藤原さんは会長には甘アマなのに,石上会計には容赦ないんですよね。


そんなかわいそうな,優(星明子)に手を差し伸べてくれたのはまさかの四宮かぐや様であった。あれで後輩の面倒見はなかなかにどうしてよ。例の定期テスト対策においても周りの眼をはばからずに勉強を教えていましたからね。


 


少なくとも,四宮さんのお眼鏡には「それをするに足る人物」として評価されているということなんでしょうね。恋愛的には虫けらぐらいにしか思っていないけれど。



というわけで,割とあっさりと「女子の制服を借りる」「女子の制服を着る」はクリアされました。てかかぐや様の生制服を本人の前で着用するとか,石上会計の新しい世界が開拓されてしまった感がなくもないですが。


つまりなにが言いたいのかというと,何気に仲良くじゃれているようにみえる四宮さんと石上会計に嫉妬する白銀会長がお可愛かったということです。(性的な意味ではない)


 

気にかけている後輩と好きな女子の距離感にプクーというのもなかなかにどうしてよ。ちょっと距離が近いとか,嫉妬しているわけじゃないとかいういい訳もまた,恋する男子らしくてお可愛い。まる。


...
......


以下余談。

『今回のかぐや様』

胴回りは余裕だが胸周りがキツイとかいうネタは古今東西いろんなところでやられていますね。確か「らんま1/2」でもあった気がする。まあスレンダー系女子の服を着るというイベントではお約束なんでありますが,それに対するかぐや様の報復がなかなかにお可愛い。

 


「果肉入り」って藤原書記が思いっきり誤記したやつだよね。実際に誤記したのは赤坂先生かもしれないけれど(笑)。ここに赤坂先生のリベンジ成る。


それにしても,人の顔に落書きなんかしたら切られる(四宮家)なんて怯えていた頃を思えば,こんなふうにおちゃらけられる四宮さんはだいぶ丸くなったんですねえ。会長だけではなく,周囲の面々を含め,打ち解けてきた感がパナイ。ほのぼのするの。



『今回の伊井野さん』

そして伊井野さんの誤解も深まるのであった。

 


やっていることは指示されたとおりの行動なのに,評価はドンドン下がっていくとかいう負のスパイラルである。。

石上会計とトラブれそうな日は遠い。再度まる。




画像はヤングジャンプ2017年第46号「かぐや様は告らせたい」第72話,『ニセコイ』第98話より引用しました。
 
 
画像引用は中止しました。