現実逃避

現実逃避 - hatena

「かぐや様は告らせたい」の感想を書いている漫画感想ブログ

『かぐや様は告らせたい』 第89話 白銀御行は信じられたい 感想

さてと。それでは『週刊ヤングジャンプ2018年第13号』かぐや様は告らせたい」 第89話 白銀御行は信じられたい 感想 の感想(かぐ活)です。



かぐや様は告らせたい』も,もうすぐ二周年とか。
次週は巻頭カラーですか。いよいよアニメ化とかきてもおかしくはない気がしますけれど,さてどうなるでしょうか。




さて,今回のお話は先日騙されて合コンに連れて行かれた白銀会長の後始末の巻。






合コンに行くということは,それだけで「異性とお近づきになりたいです」という消極的アピールみたいなもの。となると,かぐや様的には気になりますよね。自分のいなかった合コンに行った会長の本心はどんなもんなのかいなと。



なるへそ。
これはこれは,久しぶりに恋愛頭脳戦」なお話をぶっこんで来ましたね。てっきり赤坂先生は恋愛頭脳戦はもう放棄されて,ほぼ出来上がっているバカップルのやりとりを堪能するラブコメに徹するつもりかと思っていました。そんな底の浅い読みをいていた自分を叱りたい。


というわけで,今回は「合コンとはどういうものなのか知るために合コン系ゲームをしよう」という流れになります。







例によって行司は式守藤原千花助
てか藤原書記は合コン行ったことないのに合コン系ゲームを抑えてあるというのは耳年増ということなのか,TG部の流れで知識として知っていたということなのか。私,気になります。てか十円玉ゲームか...


この後のお話の展開にも出てきますけれど,これって誰が何年の十円玉を手に取ったかを確認することで,回答者を特定することができるゲームです。

これをやる時には当然そのリスクを負うわけですが,逆に非公式に「自分の関心のある異性」をアピールすることもできるゲームです。競争率をみたり,相手に自分の気持ちをこっそり示したり。「かぐや様は告らせたい」では"告ったら負け"というチキンゲームが前提として存在しておりますので,意思表示には使えないわけですけれど。

なんにせよ特定行為は禁止ですからね,くれぐれも。


 


?


 



というわけで,ゲームの回答者を特定していきましょう(おい)

第1問.式守藤原助の問題。
「ぶっちゃけ 今 恋している人は表(YES)! してない人は裏(NO)で出してください!」







合コンらしい,良い質問ですねー。
「年代判別式特定テク」や「意思表示テク」と併用することで,自分の狙いの異性に脈があるかないかを確認することもできますし。おすし。


で,結果→3人

自主申告しているかぐや様。それからかぐや様に惚れすぎていて凹むくらいの白銀会長。あとは気になる人がいるという石上会計,ですよね。ま,これは当然として。




第2問.石上会計の問題。
「ぶっちゃけ僕の事 嫌いな人は表(YES) 嫌いじゃないって人は裏(NO)で出してください」


エゴサーチをする人はいるけれど,リアルエゴサーチする人って珍しいんじゃないかな!
石上会計ぐらいなもんですよ,こんなん。

で,結果→1人





「石上は自分で裏出したんだ 図々しい」というミコちゃんの発言から,出したのは伊井野さんだけと分かります。


これはなかなか面白いね。石上会計は自分のことは「嫌いじゃない」んだね。陰キャとかネガティブ思考で強調される石上会計ですけれど,自分のことが嫌いじゃない石上はごく普通の真っ当な青年だと思うの。石上会計のリア充への脱皮は続いている。

一方で,伊井野さんは「石上は嫌い」。伊井野さんは正義の人なのでルールを破ることがある石上は嫌いなわけです。体育祭では頑張っている石上を「がんばれ」と応援はしていますけれど,正義の尺度で測れば石上は悪。なので嫌いという感情は動かせないね...。




次。第3問. 伊井野会計監査の問題。
「本当は私って要らない人間なんじゃないですか? 要らない人間なら表 必要な人間なら裏でお願いします」


あ,はい。

作中でも突っ込まれていますけれど,「発想が石上と同じ」なんですよね。

石上も伊井野さんも,他人から嫌われたり攻撃されることに否が応にも「慣れている」人間です。彼らがこうした質問をするのは「嫌ってほしくない」「自分を認めてほしい」という承認欲求の表れなんですよね。

こうした二人の言動がよく似ていて,同じ種類の人間であることが改めて強調されているのも面白いです。

で,結果→0人。



石上と伊井野さんの質問は似ているんですけれど,質問の種類がちょっと違うんですよね。石上が聞いたのは「感情」。伊井野さんが聞いたのは「存在価値」です。どちらが重いかといえば,当然後者ですよね。これ,もし質問が逆だったら伊井野さんは「石上が要らない」とは投票しなかったでしょうから。

そういう意味では「石上会計は伊井野さんに"要らないと投票しなかったから伊井野さんのことが嫌いじゃない」と考える余地はある。
実際,石上会計は頑張っているやつが馬鹿にされるのは嫌いという想いを持っているし,や85話「伊井野ミコは癒されたい」における行動から判断して「嫌い」の域まで達していないかもしれない。

もちろん,感情を問う問いかけならあっさり「嫌い」と投票したかもしれませんが(まて)







そしてこの伊井野さんの表情である。石上会計のまなざしが暖かいですね(はあと)
心配じゃなければ放っておけばいいわけで,なんだかんだで石上は他人思いではある。




で。第4問.本命・四宮かぐやさんの問題。
「私に恋愛感情を抱いてる人は表 抱いてない人は裏で」








例の「年代判別式特定テク」を活用した設問で会長を追い込もうというかぐや様の作戦。久々に「頭使ってみた」感がありますね(ちょ)。

というかね。
これ実際にはなかなかぶっ込めない質問ですよね。答えが0だった時の心的ダメージはとんでもないことになりますからね...。四宮家のお嬢さんは心臓が強いのか弱いのかよく分からない。


思い出してほしい。
そもそも,この「合コン系ゲーム」をやるきっかけを作ったのは四宮さんの発問にあったということを。







「本当は私に愛想が尽きて 別のことの出会いを求めてるんじゃ...」という疑念からこの合コン系ゲームは始まっているわけです。言い換えれば,白金会長が自分のことを好きであると思いたいけれど,そこに若干の疑問の余地が存在すると思っているわけです。


 


にもかかわらず,「私に恋愛感情を抱いている人は~」なんて質問をする。これ,もう合コンゲームする必要ないじゃないの(笑)。かぐや様は,「白銀会長は自分が好きでいるに違いない」という確信を持っていなければこんな発問をしないわけですから。

もし会長がNoのコインを出して,その上嘘発見器までかけてNoだったらきっとかぐや様の心臓が止まる。


結果→1人

実際,その賭けには勝っていたわけですけれど,四宮さん何気に命を張った質問だったというわけねん...。最後は曖昧になっていたけれど。これは恋愛頭脳戦ですから,こんなゲームで思いが伝わっては困ります。「年代判別式特定テク」に気づいた会長の裏技でなんとか特定を避けることができたという...。



とはいえ一つ気になることはあります。石上会計は会長の気持ちに気付いたのかな?

石上会計は子安貝のつばめ先輩に懸想しているので,自分じゃないことを知っています。男子は2人です。普通に考えれば,四宮副会長に恋愛感情を持っているのは白銀会長と推測がつく。







一応,「どうせ藤原先輩なんでしょう?」とか煙に巻いていますけれど,質問は「好きか嫌いか」じゃなくて「恋愛感情」ですからね。女子がガチの恋愛感情を持つと考えるくらいなら,すぐ側にいる会長を疑ったほうが自然なわけで。

ただ石上会計は「年代判別式特定テク」を知っている。で,会長が持っていた平成元年が表になっていなかったので「白銀会長じゃないのかも?」とは思ったかもしれません。ただ,そのあとに会長がそのネタバレをしていますから,会長が十円玉をすり替えたことに想いが至ったかもしれない。

となると,石上会計は会長の気持ちに気付いてしまったかもしれないな...ということは一応指摘しておく。




そして問5.最終質問となる会長の問題。
「年号で誰が何を出したか特定可能と気付き...それを利用した不届き者がいるな?表を出して自首しろ」


結果→3人






かぐや様,藤原書記,石上ということでFA

それを踏まえた上でここまでの質問を振り返ってみると,


「藤原書記は会長,かぐや様,石上会計に好きな人がいると知った可能性がある」

「石上会計は会長は四宮さんを好きだと気づいた可能性がある」

「伊井野さんは正直すぎるアホの子」



 


以上が今回の合コンゲームで明らかになったこととなります。まる。


...
......


それにしても久しぶりに恋愛頭脳戦「ぽい」体裁を整えたお話ではありました。実際のところを言えば,いつもどおり「ほぼ出来上がっているカップルがプライドを維持するために自分から告白しないチキンゲーム」をやっていただけなんですけれど。だってね。






四宮さんのこのノローグなんかまさに「それ」ですよね。自分は恋をしていないけれどサービス精神で表(YES)にしておく,とか。実際に白銀会長が好きなんだけれど,それを自分のモノローグレベルで認めることは絶対にしない!というね。

端から見ると,お前は一体何と戦っているんだ...というところですけれど,こんなところにもいつものかぐや様を感じさせられます。これが分家(四条さん)と本家の違いかもしれませんね(ん)




そして白銀会長。
合コンについてかぐや様に知られたくないという気持ちを持ちつつも,「別に隠すつもりないし」「そもそもフリーの俺が合コン行くことに何の問題が...」という前振りをしつつ,最後のこの二人の会話ですよ。


ぶっちゃけた話,白銀会長はかぐや様に合コンについて説明する必要は全くないわけだよね。「そもそもフリー」なわけで,かぐや様と会長の間にある関係は生徒会役員ということだけです。それは以前から早坂さんが指摘しているとおり,「会長がどこの誰と何をしようと浮気ではない」というのというのと同じです。



にも拘らず,白銀は言う。「何を言っても言い訳にしか聞こえないけれど」と断りを入れつつ

 


「別に浮ついた感情があったとかそういうのでは決してない」
「四宮だけには信じてほしい......」



とかね。



下手に十円玉ゲームをするよりも,ありありな恋愛感情の行き来がそこにはある。

二人の間にある「相手は絶対自分が好きに決まっているけれど,告ったら負けなチキンゲーム」における暗黙の裏ルールは,「相手は自分が好きである」ということを双方が知っているということである。

「そもそもフリー」とか「会長が何をしようと浮気ではない」というのは二人にとって建前にしかすぎなくて,「でも本当は自分が好きなんでしょう?」という暗黙の了解を相互に有している。だからこそ,会長は合コンゲームに行ったことの実情をきちんと四宮さんに説明しなくてはならない。四宮さんは会長の言葉を信じなければならない。

そのプロセスを経なければ,ふたりの「暗黙の裏ルール」は壊れて『かぐや様は告らせたい』という恋愛世界観が壊れてしまうからです。


「何を言っても言い訳にしか聞こえないけれど」などという前フリは,言い訳めいた釈明だが伝えなければならないという相手に対する恋心が表れている。四宮さんもそれを感じ取りながらも,会長の男気とその真実性を感じ取って沈黙の承認を十円玉で行う。

 



本当だったらそこを追求すれば会長を追い込むこともできただろうに,敢えてそれをしない。それは会長が四宮さんだけは信じてほしいという半ば告白めいた心情の吐露をしてくれたことに対する喜びのせいかもしれないし,その行為に便乗して攻めることはしないというフェア精神だったのかもしれない。

きっとこのやり取りが二人の関係性を壊さないためにも必要だということを感じ取った天才たちの所業だったのかもしれませんね。というわけで,再度まる


 

   

 

 



画像は週刊ヤングジャンプ2018年第13号「かぐや様は告らせたい」第89話 より引用しました。
 
画像引用は中止しました。